個人的読んでほしい記事

コンデジがダメな理由〜なぜ私がSONY ZV-1をオススメするのか〜

abashiri-life-creator

こんにちは。Abashiri Life CreatorのALC(アルク)です。

先日、コンデジは優れているんだよという旨の記事を書きました。

https://abashiri-life-creator.com/excellent-compact-digital-camera/

今日は、逆にコンデジの中だけで性能を比較していきたいと思います。

私は、これまでひたすらにSONY ZV-1を推してきました。

私は、ミラーレスカメラから入っており、コンデジは買ったことがありませんでした。しかし、学生にコンパクトデジタルカメラが流行って、借りる機会があったり、今でも職場でコンデジが使われています。

ミラーレスをメインで使っている人間がコンデジを使った時、衝撃を受けたものです。

今日は、ミラーレスから入った私がコンデジを使ってなぜ衝撃を受けたのか、その上でなぜZV-1が凄いと思ったのか解説していきます。

  • 露出はいじれない
  • AFの挙動
  • 動画は撮れないか、細かい設定はできない
  • 連続撮影ができない
  • タイムラプスは撮れない
  • JPEGしか撮れない
  • モニターの画質が荒い

順番に解説していきます。なお、比較のコンデジはあくまで私がこれまで使ったことのあるコンデジであり、最新モデルに関してはその限りではない可能はある(RICOHのGRとか)のでご了承ください。

露出はいじれない

これはびっくりしましたね。露出3大要素である、F値、シャッタースピード、ISOはいじれません。目の前の画に対して、シャッターを切るのみです。かろうじて、ISOだけ通常モードと夜間モードというのがあります。あとは内蔵フラッシュで補うしかありません。

内蔵フラッシュも真正面に固い光を与えるだけなので、カチカチの画になっちゃいます。

表現するならこんな写真ですかね。もちろん、この表現をうまく使う方法もあります。

ZV-1は、F値が開放でF1.8~2.8までいじれるので暗いところでの対策も、ボケを活かした写真も撮れます。

シャッタスピードをいじれるのでこんな写真表現も撮れたりします。

ISOも1600以上はノイズで見られませんがいじれます。コンデジの夜間モードのISOっていくつなんでしょうね。

いじれないということは、露出を考えずに構図に集中できるという利点はありますが、露出3大要素がいじれないということに衝撃を受けたのと、表現の幅が狭まってしまいます。

AFの挙動

コンデジは、暗くなるとAFが弱くなります。

挙動としては、一度すべての距離でフォーカスを当ててからカメラ内でピントで一番良いと判断したピントでシャッター切れます。

おまけに露出を維持するために内部でシャッタースピードを長くしているんでしょうね。シャッターを切っても、自分のタイミングで画を切り取ることができません。

シャッターを切ってから、かなりタイムラグが生じるんです。

これだと撮りたい画は撮れません。

ZV-1はAFの速さは申し分ないどころか、フォーカスエリアとフォーカススタンダードでAFをコントロールし、撮影者が自らシャッタースピードを決めて撮ることができます。

その技術を習得するためには、時間がかかりますがカメラを思い通りに操れます。

コンデジは、

クリオネコ

ここでシャッターを切りたいのに!

と思っても、カメラ内のアルゴリズムに従うしかないのです。

動画は撮れないか、細かい設定はできない

コンデジはあくまで写真を撮るためのものなので、動画は撮れません。

撮れても、ただ撮るだけです。先述した露出3大要素はいじれません。4K撮影もできません。

なので、私が好むシネマティックな表現を作るのは困難ですね。ホームビデオとしての位置付けなら問題はありません。

ZV-1はもちろんシャッタースピードがいじれる、フレームレートも決められる、4Kも撮れる。

自由度の幅が広いです。今はその設定の意味が変わらずとも勉強していくにつれて、映画集の映像表現を作れるポテンシャルがあります。

連続撮影

コンデジは基本1枚撮影です。しかも、暗くなるとAF挙動がおかしくなり連続撮影もできません。ZV-1では連続撮影ができるうえ、どれくらいの速度で撮るのか決められます。連続撮影:Hiで24枚、メカシャッター方式の場合の最高連続撮影:Midでも10枚撮れます。おまけsに、AF挙動もシャッタースピードもこちらで決められるので、シャッタータイミングをカメラのアルゴリズムに制限されることはありません。

ちなみに、連続撮影24枚は、SONYカメラのハイエンド機α9IIを超えますし、連続撮影10枚はミドルクラスのα7III以降のフルサイズカメラと同じです。

これ、かなりやばいことなんですよ。α9はスポーツ選手など素早いものを確実に捉えることに特化したカメラですからね?

タイムラプスは撮れない

ZV-1には、インターバル撮影ができます。これは、一度シャッターを押すと、あとは自動的に感覚をあけて、シャッターを切ってくれるもの。

用途としては、動画編集ソフト前提ではありますが、こんな感じのタイムラプスやハイパーラプスが撮れますね。

あまり活用頻度は少ないですが、動画制作の幅は持たせてくれますよね。

JPEGしか撮れない

コンデジはJPEGしか撮れません。ZV-1は、JPEGの他にRAWで撮ることができます。

RAWとは、カメラがとらえた光の情報のみのもの。これをパソコンでも見れるようにするためには、カメラ内で現像という作業をして必要な情報以外を省いたJPEGに変換する必要があります。

RAWは光のあらゆる情報が含まれていて、容量は重く、現像ソフトを使わなければ通常は見れないなどの制約があります。その代わり、現像ソフトでの色編集の幅が広くなります。

比較してみましょう。

いまここに何も編集していない撮って出しの写真があります。

これをRAWの状態でかなり無理をかけて色編集したときはこんな感じになりました。

では、JPEGの状態で全く同じ色編集をしてみましょう。

なんかギラついた色になっていませんか?次に両方を比較してみます。

どうですか?

RAWで編集した写真は見れる画になってますよね。

このように、色がギラついたり、白く濁るような眠たい色になるなど、明らかにおかしいと感じる色を“色が破綻する”と言います。

JPEGでは、色編集できる幅が狭く、色が破綻しやすいです。このため、JPEGしか撮れないカメラは表現の幅が狭くなります。

モニターの画質が荒い

コンデジは、モニターは荒いです。写真を撮ったときに、

クリオネコ

いくら撮ってもブレるなぁ、諦めよう

と、思って持ち帰ってパソコンに取り込んでみたら、

クリオネコ

意外に綺麗!?

って、なったりします。

そうです、意外に画質は悪い訳ではないんです。しかし、モニターの解像度が低いために撮った気は良い写真に思えません。

ZV-1は賛否両論あたりしますが、許容の範囲内ですね。

ZV-1はコンデジの中でもハイスペック!

いかがでしたでしょうか。

クリオネコ

ZV-1かぁ…、コンデジだからなぁ…

と、思っていませんでしたか?

コンデジは写真を撮るためのものです。もともと、そういうコンセプトなのだから当たり前ですが、逆に言えば写真しか撮れません。

しかし、ZV-1はコンデジなのに、SONYのフルサイズカメラαシリーズと並び立つレベルのスペックがあります。なんなら、α7IIIよりもUIは使いやすいです。

多分違いは内蔵レンズと、センサーサイズの違いくらいなんじゃないですかね?

コンデジで気になるのが、あれはメカシャッターなんですかね?ZV-1はメカシャッターなので、そこも比較の対象にしたいところでしたが、そこは分かりませんでした。

ともかく、このカメラすごいんですよ!

それをわかって欲しくてこの記事を書きました。

このブログではZV-1にまつわる記事をたくさん挙げています。購入にお迷いでしたら、ぜひ他の記事も読んでみてください。

それではまた!

ABOUT ME
ALC(アルク)
ALC(アルク)
Abashiri Life Creator
素人から独学でカメラを始めた経験のもと、“誰もが思い出をアート作品に”をテーマに、写真、動画のノウハウを発信しています。
記事URLをコピーしました