カメラ
PR

【レビュー】他のカメラバッグはもういらない WANDRD PRVKE 31【大容量】

abashiri-life-creator
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

私が使っているカメラバッグの中でも最もオススメはなんですかと聞かれたら、即答でWANDRDのプロヴォークと答えます。

WANDRDの商品の中でも代表とされるカメラバッグ プロヴォークはガチ撮影に十二分に答えてくれる機能を持っています。

ガチ撮影のときは必ずこのバッグを背負っています。

今回は、私がこれまで実際に使ってきて感じたカメラバッグ WANDRDの機能性について解説します。

サイズの割に軽い!

プロヴォークのサイズ展開は21L 、31L、最近は41Lというのもあるそうです。

私は31Lを使っています。(当時は31Lが最大だった)

外寸:H48 × W30 × D18cmと大型のカメラバッグですが、重さは1.5kg!

以前、紹介したrokuよりも大きいうえに軽いです。

\ 𝘾𝙃𝙀𝘾𝙆 !/
【レビュー】高級感あふれるレザーカメラバッグroku 【ビジネスにも使える】
【レビュー】高級感あふれるレザーカメラバッグroku 【ビジネスにも使える】

カメラ機材は重たいものが多いです。そして、作品撮りをするときはたくさんの機材が必要で荷物は必然的に重くなります。

みなさん、カメラとパソコンをカバンに入れたことありますか?

マジで激重です…!

軽いと言われているSONYのフルサイズカメラとMacbook Airでもダンベルレベルの重さになるんですから。

クリオネコ
クリオネコ

手に持ってるときは軽いと思うのに、なぜ背負うと重く感じるのだ💦

カメラバックは軽ければ軽いほど正義ですね。

細かな機能性

カメラバッグといえば、やっぱりカメラをバッグの横から直接取り出せるサイドアクセス!

WANDRD プロヴォークのサイドアクセスはこれまでのカメラバッグの中で、一番収まりよくカメラがハマり、取り出しやすい。

サイドポケットもジップを下ろせば、容量を拡張できます。

小型のライトスタンド2本入れてみました。

トップの持ち手にはマグネット入っており、くっつきます。

ロールトップを締めるフック。高級感があります。

そして、前面は防水仕様になっているので、多少の雨ならカメラが濡れる心配もありません。

とても細かいところまで気を使ったバッグになっています。

大容量でガチ撮影に必要な機材は十分入る!

WANDRDの下部コンパートメントに機材を入れるとこんな感じ。

撮影に必要なレンズは一式入ります。スタイルによってはカメラを2台入れることも可能ですね。

一時、NikonのD850とSONYのα7Ⅳを入れるなんてことをしたときもありました。

上部コンパートメントはロールトップになっていて、広げて容量を増やすことができます。最大36Lにまで拡張できるそうです。

カメラ、レンズ以外の撮影機材は上部のコンパートメントへ。

入れるのは主にメンテナンスグッズやストロボやフィルターケースですね。

先ほど紹介したサイドポケットも。

ここの良いところは、コンプレッションベルトがあるところ!

これにより、安定してジンバルやライトスタンド、三脚を差すことができます。

ジンバル
三脚
ライトスタンド

これだけ入れば作品撮りは十分できます!

細かいところにポケットがいっぱい

プロヴォークは、各箇所に収納が施されています。

トップ

左サイド

前面

背面

パスポートや貴重品など入れるのに便利かな?

パソコン用ポケット

うち一つはポケット何にフェルトが施されており、ipadなどのタブレットを入れるのがベスト

起毛(フェルト)になっているので、ipadにピッタリ

底面

とくに憎いのがコレ!

SONYのバッテリーが絶妙に入る!

サイドアクセスの蓋についているジップポケット!

あたかもSONYのフルサイズカメラのバッテリーを入れてくれっ!と言わんばかりのサイズをしています。

ひそかにその裏側にも収納があります。カラーフィルターを入れるのにちょうど良い。

ROGUEのカラーフィルター
クリオネコ
クリオネコ

あまりに収納が多すぎて、そこに入れていることを忘れるレベル!

ここまで細かく収納が施されているカメラバッグはこれまでなかったですね…。

拡張性がある

右側のハーネスには以前紹介したピークデザインのキャプチャーV3をつけられるアタッチャブルベルトが付いています。

ピークデザインの キャプチャーを取り付け可能!

ここにカメラを引っ掛ければ、速攻で構えることが可能です。

サイドアクセスからカメラを出すよりも圧倒的に速いです。

キャプチャーV3の素晴らしさはこの記事を読んでください

\ 𝘾𝙃𝙀𝘾𝙆 !/
【レビュー】最強カメラホルダー Peak Design キャプチャーV3
【レビュー】最強カメラホルダー Peak Design キャプチャーV3

さらに左のハーネスには伸縮性のグムベルトが付いており、レンズキャップを一時的に納めることができます。

レンズキャップと収められる

ベルトのサイズも2段階あります。

小の方はバッテリーを差してみるのはいかがですか?

そして、私のおすすめはコチラ!

Kenkoのフィルターケース COMODO

これをつけることにより、ハーネスからレンズフィルターを取り出すことが可能!

フィルターを4枚毎収納できます。

もちろん、この容量です。レンズキャップも入れられますよ。

キャプチャーV3にCOMODOのレンズフィルターケース。この組み合わせがプロヴォークをさらに最強にしてくれます。

入れるのはカメラだけじゃなくてもいい

この大容量です。カメラ機材を入れても、まだ余裕があります。

2泊3日の撮影旅行なら、ギリこのバッグ一本で行くことができます。

ちなみにこのバッグ一つで3泊4日の撮影旅行をしています↓

\ 𝘾𝙃𝙀𝘾𝙆 !/
【カバンの中身】WANDRD PRVKE 31 で3泊4日大阪撮影旅行 カメラバッグの中身【レビュー】
【カバンの中身】WANDRD PRVKE 31 で3泊4日大阪撮影旅行 カメラバッグの中身【レビュー】

WANDRDは何にも言うことがない最強のカメラバッグ

いかがだったでしょうか?

WANDRDの機能性についてわかって頂けたかと思います。

しかも、よくカメラバッグに言われる

クリオネコ
クリオネコ

カメラバッグは機能的だけどデザイン性がなぁ〜

ともならないデザインじゃないですか?

実際、私はこのバッグに対して言うことは何もないです。

これからも使い続けていく、本当に感謝しているカメラバッグです。

ガチのカメラバッグを探していましたら、WANDRD超おすすめです!

アマゾン内でも価格がまちまちなので安いを探すのが良し
¥38,600 (2024/02/15 17:54時点 | Amazon調べ)
クリオネコ
クリオネコ
記事が良いなと思ったら、人に教えたり、シェアしてくれると嬉しいです!  
記事URLをコピーしました