超おすすめ! SONY ZV-1 カメラアクセサリー 9選【VlogCam】

abashiri-life-creator
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

SONYから出ている最強VlogCamであるZV-1

正直、それ単体では真の能力を発揮することはできません。すぐにバッテリーがなくなったり、アクティブ手振れ補正があるとは言えど完全にはブレを抑えられなかったり、小さいが故に掴みにくく落としてしまったりなど力不足な点はあります。そこで、今回はZV-1の能力を最大限に発揮するためのカメラアクセサリーを紹介します。

オススメ!
𝙍𝙚𝙘𝙤𝙢𝙢𝙚𝙣𝙙 𝘾𝙖𝙢𝙚𝙧𝙖 𝙖𝙘𝙘𝙚𝙨𝙨𝙤𝙧𝙮 !
  1. シューティンググリップ    GP-VPT2BT
  2. アルカスイスカメラプレート  PeakDesign デュアルプレート
  3. アンカーとストラップ     Peak Design カフリストストラップ
  4. SDカード          SONY TOUGH SF-G64T
  5. クリーニング機器       VSGO VS-A3E
  6. スペアバッテリー       SONY NP-BX1
  7. ジンバル           ZHIYUN CRANE M3
  8. サンフード          SmallRig SONY用サンフード
  9. 外部マイク          SENNHEISER MKE400

どれも、絶対に買ってよかったと思える厳選したアクセサリーです。

また、逆に私が思う不要なアイテムも併せて紹介していきます。

順番に解説していきます。

シューティンググリップ GP-VPT2BT

シューティンググリップ GP-VPT2BT

これは、ZV-1とBluetoothで繋ぎ、遠隔操作をするためのものになります。離れたところからシャッターボタン、録画ボタンを押す、カメラをズームすることもできます。

一石三鳥な神グッズです。私は必須アイテムであると思っています。

クリオネコ
クリオネコ

これがないと始まらない!

カメラプレート PeakDesign デュアルプレート

PeakDesign  Dualplate

カメラを続けていくといつか必ずアルカスイス互換という言葉を耳にします。これはカメラを三脚やジンバルに取り付ける際に共通の規格に統一することで瞬時に取り付け取り外しを実現するものです。

クリオネコ
クリオネコ

えー、それって重要なの?

と思うかもしれません。

しかし、撮影は一刻を争うときがあります。その刹那の遅れでシャッターチャンスを逃します。撮影中の1秒は長いのです。焦りでスローモーションに感じますから、ホント。

0.1秒でも短縮してくれるのは大事なんです!

プレートの中でもこのPeakDesignのデュアルプレート PL-D-2は様々なプレートの中でも一番互換性、固定力が強く信頼できます。しかも、プレートの側面に後述するアンカー取り付け用の穴が空いており、このあと紹介するPeakeDesignのストラップをつけることができるようになります。ZV-1は単体では紐用ストラップしか取り付けることができません。

PeakDesign  Dualplate
ZV-1 のストラップ穴は小さく紐の細いものしか取り付けられない
PeakDesign  Dualplate
デュアルプレートにはピークデザインのアンカーが取り付け可能

プレート一つで三脚への固定、ストラップの取り付けと2つの役割を持たせることができます。

もちろん必ずしも、

クリオネコ
クリオネコ

カメラプレートはこれしかないっ!

とは言いませんが、ベストなプレート探しに時間をかけるくらいならPeakDesignを選んで、カメラの勉強に時間を使った方が良いです。

もし余裕があるなら、キャプチャーV3もセットで購入をっ!

こいつのヤバさはコチラの記事でも紹介しています。

\ 𝘾𝙃𝙀𝘾𝙆 !/
【レビュー】最強カメラホルダー Peak Design キャプチャーV3
【レビュー】最強カメラホルダー Peak Design キャプチャーV3

ここまで話していてなんですが、究極のプレートを作りました

\ 𝘾𝙃𝙀𝘾𝙆 !/
Peak Design デュアルプレート超え!Ulanziの最強カメラプレート Falcam F38 ALCustom【アルカスイス】
Peak Design デュアルプレート超え!Ulanziの最強カメラプレート Falcam F38 ALCustom【アルカスイス】

手間はかかりますが、これが現時点で存在しているプレートの中で最強です

個人的には、必要なものを揃えて組み合わせるだけなので、皆さんにもぜひ作って欲しいと思ってますっ!

アンカーとストラップ Peak Design カフリストストラップ

Peak Design CUFF

ZV-1はコンパクトが故に落としやすいです。しかも、それ単体では先述したとおり紐タイプのストラップしか付けられません。

Peak Design カフリストストラップ

グリップ力を高めるために強力なストラップが欲しいところです。

このアンカーとストラップは先ほど紹介したデュアルプレートの穴に取り付けて、瞬時にカメラから取り付けと取り外しができるようになります。しかも、ストラップはアクセサリーとしても機能します。

肩掛け用ストラップと違い、Dリングに結びつけないので、ワンタッチで取り付け作業を終えることができます。落下防止と瞬時の取り付け、そしてファッションと多機能なアイテムなのです。

SDカード SONY TOUGH SF-G64T

SONY TOUGH SF-G64T

これは、当然必要ですよね。いろんなSDカードあり、選ぶのに迷うところでありますが、最高のものを選ぶなら、頂点はこれになります。

次点で、Progradeです。

重要なのは、UHS-Ⅱの規格のものを選ぶこと。

パソコンに取り込む際に高速転送されるのでオススメです(真価を発揮するためには、おいおい紹介するSDカードリーダーが必要になります)

容量は、64GBで十分です。4K撮影をしない限り、1回の撮影で容量が足りなくなることはありません。4K撮影をしたとしても、容量が足りなくなるよりも先にバッテリーが尽きます。(後述)

カメラクリーニング用品 VSGO VS-A3E

VSGO VS-A3E

ZV-1のレンズは径も小さく、汚れにくそうに思いますがさまざまなシーンで使えるが故に汚れやすいです。私は、水場などでも使用するので水飛沫が飛んでレンズに白い跡が残ったりしました。レンズの汚れは広角の画角にするほど目立つようになるのでメンテナンス道具は必要です。

個人的なオススメはVSGOです。ブロアーは吹き出し口にフィルターがついており、空気を吸い込んだ際に入る埃がレンズに吹き付けられないようになっています。レンズペンも高級感があります。相場よりもやや高めですが、カメラのメンテナンス道具は一度買えばそうそう買い換えるようなものではなく、一生モノに近いです。それを考えると一番良いものを買ったとしても安くつきます。

VSGOのブロワー単体で買うよりも色々ついていてオトクっ!
¥5,981 (2024/06/17 20:43時点 | Amazon調べ)

ただ、安いもので十分という方は、ハクバのものがおすすめです。

HAKUBA レンズペン
レンズペンには球面、平面と種類があるので両方持っておくのがオススメです。
¥343 (2024/06/17 20:43時点 | Amazon調べ)

これだけあれば、ZV-1だけでなく、あらゆるカメラ機器のクリーニングができます。

スペアバッテリー SONY NP-BX1

SONY NP-BX1

ZV-1はコンパクトが故にバッテリーも小型です。そのため電力の容量が少なく、撮影可能時間は長くありません。常に使い続けていれば2時間が限度でしょう。私は、ずっと動画を回してたら1時間前後でバッテリーがなくなったことがあります。

一般的な使用で1時間ぶっ続けで使うことは少ないですが、要所要所で使っていたとしても一つのバッテリーで1日持たせることはできないと思います。また、バッテリー残量を気になり、いざという瞬間にシャッターチャンスを逃すということもありました。

クリオネコ
クリオネコ

(バッテリー減るの嫌だし)ここで出すのやめようかな・・・

と感じてしまうのは、カメラにとって一番あってはならないことです。

気兼ねなく使うためにも、最低2つは必要です。

ちなみバッテリーチャージャーは余程のヘビーユーザーでなければ、要りません。

本体側からの充電で事足ります。microUSB給電だけど…

ジンバル ZHIYUN CRANE M3

ZHIYUN CRANE M3

初めて聞く方も多いかもしれません。ジンバルとは、手振れを超強力に補正してくれるアイテムになります。

ZV-1には強力なアクティブ手振れ補正という機能がありますが、必ずしも完全に手振れを抑えてくれる訳ではありません。最初に紹介したGP-VPT2BTでは油断して歩くとグニャグニャな画になることもあります。

ジンバルを使えば、走ったとしてもまるでカメラをレールに乗せているようなヌルヌルした映像を撮ることが可能です。写真撮影においては不要ですが、動画ではジンバルがなければとれない画というものがあります。

また、若干長いので自撮りするときにも広い画角で撮れるようになりますね。

ジンバルにも多くの種類があり、ZV-1に適しているものの中で、一番使いやすいものがZHIYUNのCrameM3になります。このジンバルの魅力については一つ記事になるほど多いので割愛しますが、間違いなく人生が変わるアイテムです。

サンフード SmallRig SONY用サンフード

SmallRig SONY Sunhood

これは持っていると、いざというとき助かります。日中の野外撮影では、太陽がきつくてモニターが全く見えないことがあります!これマジで。

自分は今、何をとっているのか、そもそも撮れているのかわからんのです。そんな問題を解決してくれるのがこのサンフードになります。

このサンフードは、ZV-1にぴったり合うサイズになっていて、光の反射を遮ることで明るい場所でもモニターをしっかり確認することができます。

夏のキャンプには必須ですね。

外部マイク SENNHEISER MKE400

SENNHEISER MKE400

ZV-1のマイクはそれ単体でも十分な性能ですが、外部マイクを使えばより綺麗に音を撮ることができます。

その中でもお勧めはSENNHEISERのMKE400です。

ZV-1ならもう一回り小さいMKE200の方がバランスは良いのですが、私はフルサイズカメラとの併用も兼ねてMKE400にしました。

本当はMKE200の方がZV-1のボディのサイズとバランスが良いです。MKE400は長いため前に振られる可能性があります(と言っても、そうでもない)。音質はMKE400の方が上ですね。

カメラとのバランス重視ならMKE200、音質重視ならMKE400といった感じになります。

逆に不要だと思うもの

拡張レンズ

ZV-1の最大の画角である24mmというのは自撮りでは狭い画角の部類に入ります。それを補うために拡張レンズというものが存在します。しかし、私は不要だと思っています。それは、ポケットに入らなくなる、歪みは否めない、着脱に無理があるからです。

クリオネコ
クリオネコ

それじゃあ自撮りはできないの?

と、思う人もいるかも知れませんが、そうではなく、狭くても24mmで自撮りすることを推奨します。最大のメリットであるコンパクトさは殺さない。それが大事であると思っています。もしくは、先ほど紹介したジンバルZHIYUN CRANE M3の長さで補う方法もありますね。

カメラリグ

こちらも同じです。コンパクトさを殺してしまいます。

カメラリグとはカメラに拡張性を持たせる大型のケースで、これにより高品質なマイクをつけたり、大型のモニターを付けたり、ライトをつけたり、グリップ力を強化したりと撮影を大幅に助けてくれるものでもあります。

しかし、そんな本格的な撮影をするならばフルサイズの大型カメラで撮るべきで、ZV-1でそれを目指そうとするのは方向性が違うと思っています。

バッテリーチャージャー

ZV-1は本体からバッテリーを充電することができます。実際に、私が使っていても本体からの充電で事足りますね。

よほど、

クリオネコ
クリオネコ

ZV-1を毎日毎日使ってる!

という、人でもない限りバッテリーチャージャーは不要です。

まずは、本体からの充電のみで使ってみて、充電が間に合わない!」というレベルになってきたら、購入を検討しましょう!

ZV-1の能力を最大に使いこなすために

以上、ZV-1にオススメのカメラアクセサリーを紹介しました。

カメラはカメラ本体があれば十分と思いがちですが、これらのアクセサリーを使うことでZV-1のデメリットの解消と撮影しやすさを向上させることでより良い撮影にのぞむことができるようになります。

そして、アクセサリー選びは楽しいです!

クリオネコ
クリオネコ

これを使えばこんなことができるようになるっ!

クリオネコ
クリオネコ

これであの問題を解決できるっ!

と想像を膨らませ、いざ買ってみてその通りになったときの感動といったら、最高です!

クリオネコ
クリオネコ

この解決方法知ってるのはきっと自分だけだぞっ!

なんて自負してしまうこともあります。

ここで紹介しているアイテムはあらゆるものを見てきた中での最適解だと思っています。必ずこれが良いとは言いませんが、一番良いものは何かと言われたらこれしかありません。

クリオネコ
クリオネコ

マスター、この店で一番良い装備をくれっ!

と言われたら、自信をもってこれらを紹介しますね。

ここで一つ、アクセサリーを選ぶ基準についてアドバイスなのですが、アクセサリーを充実させることによりもそのアクセサリーが自分の撮影スタイルにおいて本当に役に立つかどうかで判断をして見てください。

今回紹介したアクセサリー以外も探すというのも良いのですが、ただ揃えるだけで終わらないよう注意しましょう。

クリオネコ
クリオネコ

大事なのは良い画を撮ることだもんねっ!

アクセサリー選びを楽しみつつ、ZV-1の能力を最大限に引き出してカメラライフを楽しみましょう!

クリオネコ
クリオネコ
記事が良いなと思ったら、人に教えたり、シェアしてくれると嬉しいです!  
記事URLをコピーしました